コメント

タグクラウド

rss このブログを購読する
Syndicate this site (XML)
Powered by
Movable Type 3.34

ソムリエの台所でマルサンワイン会

季節の変わり目ですね、そんな空気感じていますか?山梨県甲州市勝沼の若尾果樹園・マルサン葡萄酒の辻です。

ついに!ワタクシ一人でワイン会やっちゃいます!

アサンブラージュやらで複数の醸造家が集まってのワイン会は何度か経験していますが、今回は僕一人です。僕が作ったワインだけが振る舞われます。

日時は1月15日(土)、場所は横浜元町「ソムリエの台所 天空(sola)」というお店。

カレーとワインが楽しめます。
ここのソムリエである大山氏から今回声をかけてもらいました。

氏は毎月第一日曜に勝沼で行われている「勝沼朝市」でワインセミナーをやっています。
今回もセミナーという形ですが、彼の人柄らしく、アットホームなイベントになる事間違いなし。


提供するワインもボチボチ決まっています。

いや~楽しみだ!


http://www.elevage.jp/img/101220.jpg


■日時:1月15日(土)18:00~20:00
■会場:ソムリエの台所 天空(sola)(神奈川県横浜市中区元町4-179 ウェスタリア元町B1F )
■参加費:3500円(お料理・ワイン代など全て込み)
■定員:15名様
■ご予約/お問い合わせ:045-681-9020 / ohyama@solamotomachi.com

10:17 | イベント告知 | コメント [6] | トラックバック [0]

ワイン列車運行しました

今年も残すところあとわずか、仕込みも、各種ワインイベントもひと段落でゆっくり師走を過ごしている甲斐ワイナリーの風間です。

さて、2010年12月4日多摩モノレール、140名の乗客を乗せたワイン列車が運行しました。
モノレールは上北台を始発とし、多摩センターで折り返し、立川北が終点。

アサンブラージュのメンバーが乗客のみなさまにワインをサービスしながら、
夕暮れの多摩丘陵を眺めながら、ワイワイガヤガヤ楽しく運行。

メンバーはそれぞれ担当のテーブルで、ワインの説明、ワイナリーの説明、
果ては恋人の有無、世界情勢などについて楽しくお話しをさせてもらいました。

モノレールは揺れないと踏んでいましたが、
立ちっ放しでワインをサービスするのは意外に困難だったと言うのは秘密です。

積み込んだワインはほとんどがなくなり、お客さまの酔いもホロホロといったところで終点。
とにかく、あっと言う間の二時間でした。


アサンブラージュとしてははじめての試みでしたので、改善すべき点も多々あり、
実際ご不便をお掛けしてしまった事もあるかと思いますが、
もし次回がありましたら教訓としたいと思います。

それから、年内いっぱい、立川北、多摩センター駅の構内で当日お出ししたワインを販売しています。
そちらもどうぞよろしくお願いいたします!

2010年度のアサンブラージュの活動はこれで終了です。忘年会はありますが。
2011年はどんな活動になるのか、どうぞご期待ください!

以下、ワイン列車当日の写真です。
(撮影:バド・インターナショナル浅田さん


101204_01.jpg

101204_02.jpg

101204_03.jpg

101204_04.jpg

101204_05.jpg

101204_06.jpg

101204_07.jpg

101204_08.jpg

101204_09.jpg

17:02 | イベント報告 | コメント [0] | トラックバック [0]

第二回 名古屋ワイン会告知

初夏に開催された名古屋ワイン会の第二弾のご案内です。
場所は前回と同じビストロ ドラードさん

今回はアサンブラージュで最も多忙なドメーヌQの久保寺が登場。

101123.jpg

堅苦しいイメージのあるワイン会ですが、
きっとワイワイガヤガヤの楽しい一晩になるのではないかと思います。
ご家族ご近所お誘いあわせの上、ご参加お待ちしております!


■日時:11月27日(土)19:00~21:30
■会場:ビストロドラード(名古屋市中区栄三丁目10-14)
■参加費:6500円(お料理・ワイン代など全て込み)
■定員:14名様くらい
■ご予約/お問い合わせ:052-253-5215

15:08 | イベント告知 | コメント [0] | トラックバック [0]

日本のヌーヴォー飲み比べワイン会

溜まった帳簿整理が嫌で嫌で仕方が無いマルサン葡萄酒、辻です。

先日11月13日、東京神田のヴィラドゥーエさんにてワイン会が開催されました。
アサンブラージュからは蒼龍鈴木、麻屋雨宮、マルサン辻が参加。
他にはサンクゼールさん、シャトレーゼさん、フジッコさん、大和さんが参加。

立食スタイルで和やかな雰囲気で、お客さんも良い感じで酔っ払っていましたね。

新しいパンフレットも完成したので、広報活動も頑張りました。
てかメンバー各位、これ苦節何年すか?確か俺がこの会に入った2年前、誰かが「まだできねーのかよ」って話していた気がしますが。良い感じにできあがったので、皆さん期待してください。

この日一番印象に残っているのは、国産ワインはほとんど飲んだ事がないというお客さまが、参加7ワイナリーのワインを飲んでとても印象が変わったと。とても興味を持ってくれたと言う事です。
これは、僕らにとって本当に嬉しい事。この為にワイン作ってると言っても良いくらい。

広めていく為には、まず知ってもらう事。
それが全てのスタートだし、そのチャンスを提供してくれたヴィラドゥーエの池戸さんには本当に感謝しています。
あと、アサンブラージュ以外のワイナリーの方とも接点が持てたのも収穫。
つまり収穫だらけの夜でした。

会が終わって、スタッフの方が差し入れでくれたビールがたまらなく旨かったのです。


101116.jpg

写真は鈴木、雨宮、辻。
鈴木さんは俺の3つ年上で中学の先輩。雨宮さんは俺の1つ年上で中学と高校の先輩。
下っ端が偉そうに肩組んでスンマセン。

ちなみに、鈴木さんは俺の兄貴と雨宮さんのお姉さんと同級生。
アルプス前島さんは俺と雨宮さんと塩山洋酒萩原さんの高校の先輩。
山梨ワイン野沢さんは鈴木さんと同級生で、俺と雨宮さんの中学の先輩。

この街狭いな~。

15:50 | イベント報告 | コメント [3] | トラックバック [0]

多摩モノレール ワイン列車2010

2010年12月4日(土)、多摩モノレール上北台駅を出発する車両を貸しきって「ワイン列車」が出発します。

101204.jpg

アサンブラージュのメンバーのワインを楽しみながら、夕暮れの多摩丘陵を眺め、ゆっくりと楽しい時間を過ごしませんか。僕たちもはじめて経験する趣向のイベントなので、どんな風になるかはあまり分かっていませんが、きっと楽しんで頂けると思います。

車内アナウンスでメンバー自己紹介とか想像しただけで笑えます。と言うか困惑しています。

「えー右手に見えますのは山梨県甲州市にある甲斐ワイナリーの風間聡一郎です」


すでに募集ははじまっており、たくさんの応募を頂いているようです。定員は140名様ですが、応募者多数の場合は抽選となります。応募の締め切りは10月26日(火)必着です。

それでは当日車内でお会いできる事を楽しみにしています!


多摩モノレール ワイン列車2010

■実地日:2010年12月4日(土)
■受付・集合:上北台駅(15:15~15:45)
■参加費:お一人様4,500円(ワイン、おつまみ、一日乗車券)
■募集定員:140名(1グループ2名様より4名様まで受付)
■運行ルート:上北台駅(16:00出発)→多摩センター駅(折り返し)→立川北駅(18:15頃解散予定)
■ご注意:飲み放題のイベントではございません
     おつまみをご用意いたしますが、お客様の持ち込みは自由です
     車内にトイレはございませんが、多摩センターで約1時間の休憩停車があります


「ワイン列車2010」の運行について
http://www.tama-monorail.co.jp/information.html?info_id=162

「ワイン列車2010」応募用紙はこちら(PDF)

「ワイン列車2010」チラシはこちら(PDF)

08:35 | イベント告知 | コメント [2] | トラックバック [0]

<<前のページへ 12345|6|78910 次のページへ>>

sitemap | 当サイトに掲載の画像、文章などの無断転載・複製はお断りいたします