コメント

タグクラウド

rss このブログを購読する
Syndicate this site (XML)
Powered by
Movable Type 3.34

今度は名古屋星が丘三越で

剪定で手が痛くなりつつあります甲斐ワイナリーの風間です。

先日アサンブラージュで伺った名古屋、栄三越さんに続き、
2月15日より同じく名古屋、星ヶ丘三越のワインショップ、ルネデュヴァンさんでもアサンブラージュ数社のワインを置いて頂ける事となりました。

星が丘三越は個人的に何度もお邪魔していて、とても思い入れのある百貨店。
ルネデュヴァンさんではよくセミナーを開いていて、丁寧で積極的なお店です。

お近くの方はぜひ覗いてみて下さい!
販売予定ワインのリストは以下の通りです。



Japanese style wine.デラウェア2010

アルプスワイン 前島良
2010年より新たに醸造したワイン。みずみずしい柑橘香、広がる旨味。
冷やして爽やかに、常温ではしっとり旨味を感じます。
食中酒としてだけでなく、単独で飲んでもおいしい新世代の辛口デラウェアです。

 
ドメーヌQ 甲州φ 2010
ドメーヌQ 久保寺慎史
ドメーヌQのワイン用ブドウ畑は、甲府市甲運地区の大蔵経寺山にあります。
この山は、岩や砂礫や岩盤の岩山で非常に水はけがよく、ミネラルたっぷりのブドウが収穫されます。
ミネラル感のある甲州にほんの数パーセント(φ)のピノノワール、シャルドネ、デラウエアをアッサンブラージュして樽熟しました。
果実味、ミネラル、熟成のバランスの良い辛口白ワインです。


麻屋花鳥風月『月』ASAYA NOIR 2009
麻屋葡萄酒 雨宮一樹
創業90周年を迎えた麻屋葡萄酒。山梨県勝沼町単一畑から収穫された甲斐ノワール100%、ラベルには、生産者の農家さんの名前が入っています。
甲斐ノワールは、山梨が誇る赤ワイン用葡萄で、特長は野性的な味わい、ミディアムボディです。


ベルカント・マスカットベリーA樽貯蔵2011
山梨ワイン 野沢たかひこ
ラズベリーやプラムを思わせる果実香と、控えめの樽香が特徴的。
しっかりした果実味が感じられ、渋み、酸味と樽の風味がうまく溶け合っています。


かざま甲州SurLie2010
甲斐ワイナリー 風間聡一郎
甲州市勝沼の農家さんに栽培して頂いた甲州を使用し、発酵終了後、オリの上で数ヶ月貯蔵し旨味を抽出するシュール・リー製法を用いた白ワイン。
口の中で滑るように柔らかですが、クリアでキレもあり、旨味をともなう余韻が非常に心地よいワインです。


※当初2月14日と書いてしまいましたが、2月15日(水)からの誤りでした

17:29 | イベント告知 | コメント [0] | トラックバック [0]

謹賀新年と名古屋三越でのイベント

明けましておめでとうございます。
いつの間にか醸造シーズンも終わり、年まで明けていました甲斐ワイナリーの風間です。。
本年が皆さまにとって良い年になりますよう、お祈り申し上げます。

さて、ワシントンワインの坂口さんご協力のもと、
今月11日から17日まで名古屋、栄の三越にて山梨県産ワイン販売会が開催されます。
1月14日(土)、15日(日)はアサンブラージュのメンバーもメンバーも店頭に立ちますので、
ご近所、お友達、お誘い合わせの上ぜひ遊びにいらして下さい。

120104.jpg

どんな形になるのか、未だに僕もあまり分かっていないのですが、
各ワイナリーがワインの説明をしながら試飲サービスするのだと思います。
あと簡単なセミナーのようなものもあるようです。

参加メンバーは以下の通りです。

14日(土)山梨ワイン野沢、ドメーヌQ久保寺、蒼龍葡萄酒鈴木、アルプスワイン前島、麻屋葡萄酒雨宮、マルサン葡萄酒若尾、甲斐ワイナリー風間。

15日(日)山梨ワイン野沢、ドメーヌQ久保寺、蒼龍葡萄酒鈴木、アルプスワイン前島、麻屋葡萄酒雨宮、甲斐ワイナリー風間。


14日20:00くらいから打ち上げも兼ねた飲み会もあるようです。
場所は伏見駅近くのまごくらさん
ワイン会ではなくこじんまりとした飲み会のようなので、
ご興味ある方は麻屋葡萄酒雨宮までご連絡ください。

雨宮一樹
kazuki-a@mta.biglobe.ne.jp

12:07 | イベント告知 | コメント [6] | トラックバック [0]

講習イベントのお知らせ

アルプスワインからの講習イベントのお知らせです。(以下転載)

110809.jpg

久々の講習イベントのお知らせです。顧問の原川先生のご協力により開催する運びとなりました。
醸造の時期も重なってますので、良君は参加なのかどうか分かりませんがね(笑)

今回は更にマニアックな内容となってますので、どちらかと言うとすでにワインにどっぷり漬かってる方向けの内容です。
嗜好品であるワインは、個人の主観によって良し悪しを決定するわけで、「好きに呑ませてよ!」と言われてしまうとそれまでなんですがね、え~。

科学的に判断する力をつけることによって、ワインを選ぶ際により的確な判断ができるんじゃないかと思っています。
日本のワインは急進化を遂げているけど、歴史的にみたらまだ浅いし、劣性のワインが全くないとは言えません。
私達ワイン業に従事していても知らないことが沢山あります。(私も含め)公平に判断するスキルを持っていない人が多いのも事実なわけであります。だから、学ぶ姿勢がいつでも一番大事だと思うんです。
 
一般的なレクチャーは数あるけれど、こういう視点の講習をもっと多くの方に受けてもらう場所が少ないと切に思うわけでくどくどと前触れがながくなってしまうんですが。 

今回は、「ポリフェノール」について深くさぐっていきます。
ポリフェノールと言われると「赤ワイン?」とか漠然としたイメージなんですが、wikiってみると、、“ポリ(たくさんの)フェノールという意味で、分子内に複数のフェノール性ヒドロキシ基(ベンゼン環、ナフタレン環などの芳香環に結合したヒドロキシ基)を持つ植物成分の総称”とあります。

ほとんどの植物に含まれていて、その数は5000種を超えるそうです。白ワインにも含まれてるわけですね。
ポリフェノールはワインの見た目や色・味わいのすべてに影響しています。見た目から判断できることが増えるかもと思うとワクワクしてきますね。


自称ワインオタクっぽい方、飲食店の方、はたまた醸造の方、醸造に感心ある方など、お待ちしております。
私は単なる司会のようなものですので、皆さんとマニアックに学んで行きたいと思っています。
 
毎度のことですが、頭を柔らかく柔軟な姿勢で臨みたいと思いますので、宜しくお願いします。
人数に制限はありませんので(と言っても椅子に限りはありますが…)気軽にご参加ください。

 
        「ポリフェノールの会atサロン」

開催日(全4回) 1回 9/10(土)
          2回 10/8(土)
          3回 11/12(土)
          4回 12/3(土)

時間       午後1時30分~午後3時(笛吹市循環バスをご利用ください)
          http://www.city.fuefuki.yamanashi.jp/shisei/info.php?id=487                
費用       1回毎に¥1000(4種のワインをテイスティング)        

内容       1回 ポリフェノールの一般解説
          2回 酸化と色、味とそれらを踏まえた醗酵方法
          3回 香(良い香、不快臭:フェノレを含む)
          4回 長寿作用などの生理活性


お申し込みは、電話(0553-47-5881)か、メール(alps_wine@mail.goo.ne.jp)などでお願いします。

20:54 | イベント告知 | コメント [0] | トラックバック [0]

セミナーイベント二件告知

こんにちは、甲斐ワイナリーの風間です。
アサンブラージュのイベント報告とか、国産ワインコンクールの結果とか更新が滞っていてごめんなさい。
そのうち更新したいと思いますが、今日は二件のイベントご案内です。

110805.jpg

まず最初の一件は、もう明日なのですが…
かつぬま朝市ワインセミナーに麻屋葡萄酒、雨宮一樹が登場。
朝市の食材と朝市振る舞いワインの愛称を検証します。

■かつぬま朝市ワインセミナー
■日時:8月7日(日)10:15~11:00
■会場:会場:シャトレーゼ勝沼裏広場
■参加費::500円
■定員:20名様
■お申し込み:かつぬま朝市


続いてもう一件。
山梨県工業技術センター(ワインセンター)で行われるワインセミナー。
「私たちの考えるこれからの山梨のワイン(仮題)」として、塩山洋酒萩原弘基と麻屋葡萄酒雨宮一樹が講師として登場します。
二人ともワインセンターの研修生だったので、どんな感じになるんでしょうか。

■私たちの考えるこれからの山梨のワイン(仮題)
■日時:8月21日(日)13:30~15:30
■会場:会場:山梨県甲州市勝沼町勝沼2517 ワインセンター
■参加費::無料
■定員:一般消費者40名程度
■お申し込み・お問い合わせ:ワインセンター恩田 TEL:05553-44-2224 MAIL:takumi@yltc.go.jp

12:18 | イベント告知 | コメント [0] | トラックバック [0]

今年も酒は未来を救うに出展します

未だに棚甲州の誘引が終わっていなくて、大変なことになっています甲斐ワイナリーの風間です。

昨年に引き続き、アサンブラージュは以下のチャリティイベントに出展いたします。
ワインだけでなく、日本酒、焼酎と国産のお酒が勢揃い。
たくさんの方のご来場をお待ちしております!


酒は未来を救う

~第3回 日本酒・焼酎・ワインチャリティ試飲会~

日 時:2011年6月26日(日)受付12時30分~ 13時 ~ 16時
会 場:すみだ産業会館
    東京都墨田区江東橋3-9-10 (丸井共同開発ビル8階)
会 費:前売券 3,500円
参加蔵・ワイナリー:63社
寄付先:がんの子供を守る会・日本赤十字社東京都支部
    被災地の子供たちへも寄付できるよう調整中です
W E B: 酒は未来を救う


[参加蔵・ワイナリー]

<日本酒>
浅間山・吾妻嶺 阿部勘・一白水成・泉橋・尾瀬の雪どけ・屋守・鶴齢・賀茂金秀・開運・小左衛門・紀土・佐久乃花・相模灘・澤の花・大那・忠臣蔵・天宝一・鍋島・奈良萬・萩乃露・白岳仙・播州一献・七田・福小町・鳳凰美田・豊香・宝剣・美和桜・三重錦・結人・ 陸奥八仙・遊穂・来福・


<焼酎・泡盛>
赤鹿毛・朝日・旭萬年・壱岐っ娘・芋麹芋・海・蔵の師魂・けいこうとなるも・小牧・常徳屋・杜氏潤平・情け嶋・やきいも黒瀬・凛


<ワイン>
麻屋葡萄酒・甲斐ワイナリー・勝沼醸造・甲府ワインポート・麻原酒造・越生ブリュワリー・塩山洋酒醸造・蒼龍葡萄酒・タケダワイナリー・中央葡萄酒・月山ワイン山ぶどう研究所・マルサン葡萄酒・山梨ワイン・山辺ワイナリ・ルミエール


【チケット購入方法】
チケット取扱酒販店様から直接ご購入いただくか、イープラスからお申込みください。
・チケット取り扱い販売店にて直接購入(ブログで確認できます)
・イープラスから申し込み(http://eplus.jp/
・チケット郵送希望の方は、チケット代・郵送切手代80円をお振込み後、郵送いたします。(振り込み手数料はお客様負担でお願致します。)
・メール sakewa090906@yahoo.co.jp へお問い合わせ下さい。

【注意事項】
・試飲のみのイベントですので、会場内へのつまみ等のお持ち込みはご遠慮ください。
・未成年者の飲酒防止のため、会場で年齢を確認させていただく場合があります。
・自動車・バイクでお越しのお客様のご入場は、固くお断りさせていただきます。

【お問い合わせ】
酒は未来を救う事務局
「日本酒はなおか」 豊島区南大塚1-51-18
TEL:03-5395-6707(16時以降)
Mai:sakewa090906@yahoo.co.jp


19:24 | イベント告知 | コメント [2] | トラックバック [0]

<<前のページへ 12|3|45678910 次のページへ>>

sitemap | 当サイトに掲載の画像、文章などの無断転載・複製はお断りいたします