タグクラウド

rss このブログを購読する
Syndicate this site (XML)
Powered by
Movable Type 3.34
2011年03月 アーカイブ

大阪ワイン会につきまして

3月26日(土)に開催を予定していました大阪ミッシェル・ヴァン・ジャポネさんでのワイン会ですが、
震災のため万全の状態での開催が難しくなり、延期させて頂く運びとなりました。

既にお申し込み頂いた方、関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承ください。

次回予定は未定ですが、決まり次第ご連絡させていただきます。
お問い合わせはミッシェル・ヴァン・ジャポネさんまでお願いします。
(06-6941-3010 / michel@mb2.suisui.ne.jp

また、この場をおかりして、被災された方々へお見舞いを申し上げると共に、
皆様の安全の確保と一日も早い復旧を心からお祈り申し上げます。

09:21 | イベント告知 | コメント [0] | トラックバック [0]

大阪ワイン会告知

昨日はポカポカ陽気だったのに、また朝から雪が降ってるわけですが…。

これまで関東中心で、西は名古屋止まりだったアサンブラージュのワイン会。
今回はじめて大阪で開催する運びとなりました。

お店は日本ワイン専門ワインレストラン、ミッシェル・ヴァン・ジャポネさん。
国産ワインだけ専門に扱うしっとりと大人な雰囲気のお店で、。
ミッシェルさんとアランさん(日本人)の若い兄弟がお店を切り盛りしています。

今回参加するアサンブラージュのメンバーは5名。
山梨ワイン野沢たかひこ、蒼龍葡萄酒鈴木大三、麻屋葡萄酒雨宮一樹、マルサン葡萄酒若尾亮、甲斐ワイナリー風間聡一郎。

http://www.elevage.jp/img/110307.jpg

立食のフリーテイスティング形式なので、たくさん飲んでたくさんお話しができるんじゃないかと思います。

僕達のワイン会はまるで堅苦しい雰囲気にならないので、気軽な感じで遊びにいらして下さい。そして、ざっくばらんな質問や疑問、ワインに関するご意見などお聞かせ頂ければと思います!

持って行くワインも30種類近くですし、全酒類飲めるんでしょうか。たこ焼き食べたい。
ミッシェルさんがプレゼント企画も考えてくれているようなので、僕達もとても楽しみにしています。

たくさんの皆様のご参加お待ちしてます!


野沢たかひこ(写真左1/1974年生まれ)
山梨ワイン。勝沼町の気候風土を生かしたワイン造りを実施。一度こうと決めたら引かない所がチャームポイント。色んな意味で自然派。

鈴木大三(写真左2/1975年生まれ)
蒼龍葡萄酒。近年は甲州や欧州系専用品種にも注力し、その品質向上も著しい。ネタ帳を持ち歩き新しいアイディアを常に探求中。

雨宮一樹(写真中央/1976年生まれ)
麻屋葡萄酒。東京農業大学出身。小さなワイナリーだからこそできる、葡萄栽培者の顔が見えるワイン造りに取り組む。飲みの後は丼もの!米大好きニッポン男児。

若尾亮(写真右2/1977年生まれ)
マルサン葡萄酒。大事なのは畑から醸造までしっかりと管理すること。最初は奇をてらうことなく、基本に忠実なワインを造りたい。個性はその後から付いてくればいい。

風間聡一郎(写真右1/1978年生まれ)
甲斐ワイナリー。東京農業大学出身。伝統を活かしたワイン醸造を行う家族経営のワイナリー。甲州種や専門品種を中心に個性あるワイン造りを目指す。


■日時:3月26日(土)18:00~21:00
■会場:ミッシェル・ヴァン・ジャポネ(大阪市中央区常盤町1-1-9 REV35 1F)
■参加費:7500円(お料理・ワイン代など全て込み)
■定員:25名様
■ご予約/お問い合わせ:ミッシェル・ヴァン・ジャポネ / 06-6941-3010 / michel@mb2.suisui.ne.jp


11:03 | イベント告知 | コメント [2] | トラックバック [0]

遅くなった新年会

もう三月…甲斐ワイナリーの風間です。

先月2月15日、アサンブラージュの新年会を行いました。
場所は甲府のトラットリア・ボーボリさんhttp://r.tabelog.com/yamanashi/A1901/A190101/19005299/。

今回出席したのは、山梨ワイン野沢、蒼龍葡萄酒鈴木、麻屋葡萄酒雨宮、マルサン葡萄酒若尾、甲斐ワイナリー風間。

新年会と言ってももう二月半ばなので、あれなんですが。
まず、麻屋雨宮氏がニュージーランド研修へ行って来たばかりなので、そのお土産話からスタート。現地で行われているビオディナミの話しにはじまり、調合材のつくり方、その効果など。

今回のメンバーでは山梨ワイン野沢氏が畑で実践しているわけですが、どうも酔っ払った野沢さんのフィルターを通してしまうと訳が分からなくなります。

ワインは各自持ち寄り。辛口甲州、やや甘甲州、プチヴェルド&メルロ、ベリーAロゼ、ソーヴィニヨンブラン(NZ)。どれもレベルが高くて困ります。

このワインはアレが足りないんだよ。とか。
あのワインはアノ香りがする。とか。
でも、オフフレーバーは造てる側が理解してて、若干ある感じだと複雑味がある。とか。
まるでワイン屋の会話です。

補酸のあり方や、ワインの価格帯と健全な経営の話し、健康の話し、それぞれの家族の話しと、ネタに尽きることはありません。

それから大阪でのワイン会の話し。詳細は近々に告知をするんですが、関西方面はほとんど行った事がないのでとても楽しみです。

お料理も美味しく頂きました。ボリュームもあるし。

こうして健全な新年会も終わり、ブドウの芽が出る来月にむけて英気を養ったわけであります。

110215_01.jpg

110215_02.jpg

110215_03.jpg

110215_04.jpg

110215_05.jpg

110215_06.jpg

110215_07.jpg

110215_08.jpg

110215_09.jpg

17:34 | イベント報告 | コメント [0] | トラックバック [0]


sitemap | 当サイトに掲載の画像、文章などの無断転載・複製はお断りいたします