タグクラウド

rss このブログを購読する
Syndicate this site (XML)
Powered by
Movable Type 3.34
2008年07月 アーカイブ

幻のチャーシュー(笑)

こんにちは...私的流用の道を着実に歩んでいる、アルプスワインの前島です。


活動内容とは別に、趣味を公開する場を作れという俺の無理難題に、
動かぬ山こと、風間がグラングラン動きました(笑)


今回、趣味のブログとしては初ということで、少なからず緊張しているわけですが、
書いちまえばこっちのモンです!


さて、初回を飾るのにふさわしいテーマは。。。


『男の手料理!』です!


カレーが作れない、遅れてきた天才シェフ前島が、
チャーシュー作りに挑む波瀾万丈なビックリアドベンチャーです!


え~、今回は『肩ロース』を使い、煮チャーシューを作ります。


まず、覚えておいてほしい事があります。
チャーシューを作る時は最初に買った豚肉ブロックのグラムの3~5割ほど、減ります。
※ これをあの業界では、天使のわけまえと言います!

080730_01.jpg


さて...まず、豚肉を縛り上げます。出来るだけキッチリ縛ってやりましょう!
出来上がって、切った時に崩れにくくなります。
(縛り方がわからない人は、スーパーたかちゃんに聞いてください。)

こんなネットタイプのモノもあるで、不器用な人は探してください(笑)

080730_02.jpg


ガッツリ縛り上げたら、次は焼きを入れてやります。

俺は、パスタ用の深い鍋を使って焼きます。
これだと蓋も付いてるから脂が飛び散らない!

080730_03.jpg

焼いているとわかるんだけど、ビックリするくらい脂が出てきます。
普通のフライパンだと焼いた後が修羅場です...。


全体に焼き目を付けるんだけど、中盤からほとんど揚げてるようなモンです(笑)

俺は、このぐらい焼きます。

080730_04.jpg


焼き終わったら、次はスープで煮ます。


まず、昆布を水から煮出し沸騰したら鰹節(花鰹)を大量にブチ込みます。
まさに生命の出汁です!

080730_05.jpg

別に、お吸い物の出汁をとるわけじゃないから、少し煮込みます。


生命の出汁を濾したら、俺はコンソメとチキンブイヨンを入れてドーピング!

野菜や肉のエキスをプラスです。

080730_06.jpg


次は、出来上がったスープに焼いたブロックとネギの青いところとスライスした生姜を入れ、
1時間くらい煮ます。(香味野菜なら何でもいいんで、適当にブチ込みましょう)

080730_07.jpg


この時の火加減は、グラグラではなくコトコトです。

グラグラ沸騰させると、肉の旨味がスープに流れ出てしまって、パサパサになります!


それから、最初はアクが出てくるのでこまめに取りましょう。

面倒臭がらず、キッチリ取る事が大事です!
ワインでも飲みながら、のんびりやりましょう。


キッチンで飲む酒って案外美味いんだよね?

何でだろ?


サクッと簡単なモノを作って、キッチンでツマミながらビールやワインを飲む!
ある意味、最高の贅沢かも?(笑)


贅沢って人それぞれの価値観でしょ?

例えば、おれ達はワイン屋だから果汁の段階、
醗酵中の未完成のワイン、熟成前の駈け出しのワイン、
商品として出す直前の完成したワインなど他業者には味わえないモノを飲むことが出来ます。


でも、それほど有難いと思ってなかったりして(笑)


灯台下暗し...大概、そんなモンです(笑)


これを読んでる、そこのアナタ!一度、考え直してみましょう!

さて、1時間経ちました(笑)


次は、タレで煮込みます。

生命の出汁に醤油、みりん、黒砂糖、
めんつゆなど適当に入れてちょっと甘いくらいの感じにします。

俺は、ここでもネギと生姜を入れます。

080730_08.jpg


この時も、グラグラさせてはいけません!


タレで煮込む時は、タレを温めるぐらいな感じで火加減を調節しましょう。


あと、落とし蓋も忘れずに!(俺はアルミホイルです)

080730_09.jpg


そして、また1時間...。

080730_10.jpg

スープの時もタレで煮込む時も、液面からブロックが出ている場合は
10~15分おきにひっくり返しましょう。

それと、あんまり長時間煮込むと角煮みたいになるので、要注意!


さてさて、1時間経ちました(笑)


さぁ!火を止めなさい!


直ちに火を止めなさい!


そして、タレに入れたまま冷ましましょう。

080730_11.jpg

それじゃ~もう一杯飲みますか?(笑)


冷めたら、ブロックとタレを適量、ジップロックに入れストローで出来るだけ空気を抜き、
真空に近い状態にして冷蔵庫で一晩寝かせます。


飲み過ぎて忘れないように!


一晩経ったら出来上がりです!

080730_12.jpg

どうですか?美味そうでしょ?


美味いんです!(笑)


バラの方がコッテリ感はあるけど、肩ロースの方が肉の食感があるというか、
肉食ってる感がたまりません!


よく、TVでステーキとか食べて『柔らか~い!』なんて言ってるアホがいますが
なんとボキャブラリーの貧困な事か!


そんなヤツは、ボルドー(ドメーヌQのレストラン)に行って、ヒレを500g食ってこい!(笑)


肉の旨味を存分に味わえるから!


マグロだって、行き着くと赤身だろ?

俺はマグロ好きじゃないから、食わないけど(笑)

せっかく、肉を食うならある程度の歯応え、赤身の旨味、適度な脂、これが大事だろ?
※ 昔からヒレが好きな赤身マスター前島さん談。


これを見て、チャーシューを作った人がいたら教えてください(笑)


それと、残ったタレは味玉を作ったり色んな使い道があるので捨てないように!


PS...このブログを書きながらネットタイプを使って、またチャーシューを作っちゃいました(笑)

080730_13.jpg

080730_14.jpg

13:29 | 料理 | コメント [21] | トラックバック [0]

あのイベントが千葉で!?

千葉県、幕張で行われた日本ワインを愛する会のイベント『極める!日本ワインの午後』に参加してきました。


最近、爽やかになったらしいアルプスワイン前島です。


日本ワインを愛する会とは、その名前ズバリの団体で日本全国のワイナリーほとんどが加盟しています。
それに一般の会員の方がいてみんなで日本のワインを盛り上げよう!って画策し、布教活動をいます(笑)

現在、ワイナリーが75社、一般会員が250名で随時会員募集していると思います。
明細は知らないんでよろしく!(笑)

今回の『極める!日本ワインの午後』は毎日新聞社が主催で、
ワイナリー23社が参加し、一般愛好家の方が約150名ほど来場されました。

参加費は1000円で、しかもお土産のワインが一本付いてくるという破廉恥極まりない企画!!!


1000円のワインを一本買って約90本のワインを無制限にテイスティング出来るって事になります。
なんと破廉恥な事か!(笑)


よく考えたら太っ腹な企画です。一般の方にしてみたら参加しやすく、
また日本のワインに触れやすいんじゃないでしょうか?


こういった参加しやすいイベントがもっと増えると、
ワイン自体をあまり飲まないライトユーザー層にも浸透していくんじゃないかな?


会場となったのは、ホテル グリーンタワー幕張の三階宴会場で、設営前はこんな感じでした。

080728_01.jpg


早めに着いたんだけど、すでに何社か準備をしていて『コイツら早ぇな!』って思いながら、
ウチのブースを探していると丸藤の大村さんを発見。

思わず『今日はスタジオ休みですか?』と聞いちゃいました。
大村さんを見たことある人はわかると思うんだけど、宮崎 駿そっくりなんです(笑)

※ 一見の価値があるかないかは、個人の感性の問題なんで各自で勝手に決めてください。


ウチのブースは十勝ワインさんを挟んで、宮崎 駿さんの隣の隣で会場の隅っこ...。


どうなってんだ!主催者!
この遅れ過ぎたルーキー前島に対して、こんな仕打ちか!
読売新聞に代えちゃうぞ!(笑)


渋々セッティングをしたんだけど、相変わらずウチはチープです(笑)

080728_02.jpg

080728_03.jpg

手作り感丸出しで何が悪いか!(笑)

綺麗で洗練されてるけど、どこか機械的で血の通ってない感じのある他のワイナリーに負けてたまるか!

...と、田舎者の疎外感まで丸出しです(笑)


 
各ワイナリー、1~4アイテム持って来いという話だったんで、
ウチはプラチナコレクションのシャルドネ 06とベリーA06を持って行きました。


しか~し!

他のワイナリーは、3~4アイテム!
2種類しか持ってきてないのは、アルプスワインさんと他2社だけです...。

ここでも疎外感(笑)


だって、23社が2アイテムずつ持ってきても全部で、46種類、
3アイテム持ってきたら69種類!4アイテムなら92種類!!!

一般の人が2時間で、92種類もテイスティング出来るか?
1アイテム78秒で廻らないと間に合わないぞ?

話も聞けねぇよ!実際それじゃ、商品のアピールも出来ねぇだろ?

だから、仕方なく2アイテムにしたのに...。

まぁ、ウチはウチなんでボチボチいきます!(笑)


イベントが始まると案外、ウチにもお客さんが来る!
他が混んでいたからか?(笑)

080728_04.jpg

080728_05.jpg


ワインを注ぎ、商品の説明をしていると違う方から

お客さん1「ベリーAをください」  俺「ハイ、ベリーAですね!」


お客さん2「白いヤツをくれ!」  俺「ハイ、シャルドネですね!」


お客さん3「マスカットベリーをくれ!」  俺「ハイ、ベリーAですね!」


お客さん4「白の甘いヤツくれ」  俺「今日ご用意したモノは辛口しかございません。」


お客さん5「なんで2種類しかないの?」  俺「普段、テイスティング出来ないモノを持ってきました」


お客さん6「ワイナリーはどこにあるの?」  俺「山梨の一宮町です!」


お客さん7「何かツマミないの?」  俺「いやぁ、俺に言われても........」


お客さん8「このベリーAって、どんな葡萄から造るの?」  俺「そのベリーAからです」


お客さん9「今日はワインしかないの?」  俺「。。。。。」


お客さん10「長野のアルプスさん?」  俺「。。。張り倒すぞ?」

十人十色です(笑)


中には
「先日、プラチナベリーAの2005Rを飲んだんです。あれも美味しかったけどこれも美味しいですね~!」
コアな人発見です(笑)

「2種類しか出てないけど、どっちも美味しい!今度、ワイナリーに行きますね。」
しか出てないは余計だろ?(笑)

などなど、手応えはそれなりにありました。


また、ベリーAって美味しいんですね!と言う人が多く、まだまだマイナーな
品種なんだなぁ~って感じました。

それとも、他のワイナリーのベリーAが悪いのか?

そう考えると、アサンブラージュのメンバーが造るベリーAはレベル高いなぁ。
普通に、旨いって思うもんなぁ.......。


誰か、全国のベリーAだけ集めてイベント開いてください、参加します!(笑)


イベントも中盤になると、PRタイムが始まりました。

持ち時間30秒で、ワインやワイナリーの説明をするんだけど、
終了を知らせる合図が手鍋をカンカン鳴らすんです。

そんなの、青空ボクシングのゴングか闇市くらいだろ?(笑)


しかも、アルプスワインさんは大トリです。。。。。

新手の嫌がらせか!


しかも最初の挨拶のところで微妙に噛むし。。。喋れないなら芸人なんか辞めてしまえ!

腹立って、終わりの鐘がなっても「まだ終わりません!」って、続けてやった!
すぐにマイク取られて、強制終了させられたけど(笑)


アサンブラージュの、アルプスワインの、大器晩成型天才醸造家を舐めんなよ!(笑)

080728_06.jpg


そうそう、わいんちゅ.comの飯島さんも一緒に行きました。

チケットが取れなくて途方に暮れまくっていたんで、ウチの社員として連れていってやりました(笑)

「飯島さん、俺に感謝して足を向けて寝ないように!」

事務局の人に「ワイナリーの方も手が空いたら、テイスティングしてください」って言われてたけど
てんてこ舞いでそれどころじゃねぇ!次に参加する時は、もう1人連れて行こう。。。


今回のイベントは、横浜イベ以来の大人数を相手にするバトルロワイヤルだったけど
中々楽しめました。

こんな感じのイベントを定期的に開けたら、日本ワインの消費の底上げになるんじゃないかな。

まぁ、お土産ワインは何本も出せないから、抽選ということで。。。(笑)

14:13 | ワインイベント | コメント [7] | トラックバック [0]

イケたい醸造家

若手醸造家達の日々を赤裸々に。
ワインや栽培などの話しからプライベートまで、ご期待ください。

11:14 | イケたい醸造家 | コメント [9] | トラックバック [0]

アサンブラージュ納涼会

笛吹市にある老舗旅館『慶山』で、アサンブラージュの納涼会を行いました。


このブログの私的流用を目論んでいる、アルプスワイン前島です。。。


今回の納涼会は、塩山洋酒の萩原(アサンブラージュの2代目バカ親候補)と、
甲斐ワイナリーの風間(アサンブラージュの電子頭脳)が足を引っ張り合いセッティングしました。
※ 親バカではなく、バカ親です(笑)


参加者は、この2人の他に麻屋葡萄酒の雨宮(初代バカ親)と山梨ワイン醸造の野沢(スーパーたかちゃん)と蒼龍葡萄酒の鈴木(メモ男爵)とアルプス前島(イケたい醸造家)の6人です。

吉男ちゃんとQちゃんは、予定が合わず不参加...(T_T)...ツギハコイヨ!

さてさて...いい感じに雨の降る中、萩原の愛車に乗り込んで『慶山』に向かう一樹と風間とオレ...誰だよ、雨男は...(笑)

そういえば、横浜イベントの打ち上げBBQの時もどしゃ降りだったなぁ...(笑)


080709_01.jpg

会場である『慶山』は、創業50年の歴史ある旅館で、いくつものお風呂があったり
最近では、中央道談合坂SAに『速弁』を卸したりしている、勢いのある旅館です。


現在、外観は改装中なんだけど、館内は豪華で清潔感があり、
スタッフのサービスもハキハキしてて気持ちよかったです。

ここでは、毎日和太鼓の演奏をやっていて、思わず立ち止まり腕組みをして睨みながら、
聞き入っていたら『もう行くよ!』って言われ、泣く泣く退散...ゆっくり聞かせろよ!バカやろ~!(笑)


で、会場入り...

...広すぎるだろ...(笑)

だって、萩原は数日前に子供が生まれたばかりで、
すぐ帰るから実質5人に20畳くらいの部屋...プラス女中さん1人...(笑)


とりあえずお膳の前に着席...

080709_02.jpg

080709_03.jpg


大三っちゃんとたかちゃんは、少し遅れるらしいからオレらだけで乾杯、もちろんビールで(笑)
※ 開会前です。

持ち込んだ各社の自慢のワインを冷やしてもらったり、
アホな世間話をしている間に大三っちゃんが入場!

相変わらず、飄々としています(笑)


大三っちゃんにもビールを頼み、二回目の乾杯!
※ まだ開会前です。


一樹と俺は、乾杯に便乗して2杯目へ...

また、しばらく談笑と萩原の子供の写メを見たりしてると、たかちゃんがひっそりと入場。


当然、三回目の乾杯へ(笑)
※ 今だに開会前です。


大丈夫なのか?山梨のワイン屋の将来は...(笑)

女中さんの『そろそろ...』の言葉で、一樹が姿勢を正し『え~それじゃ~そろそろ始めますか?』と...

もう、始まってるじゃん!ってツッコミを入れたい衝動を押さえ、恭しく頷く俺。


グラスを持った一樹が『それでは、アサンブラージュ納涼会を始めたいと思います...』と言う挨拶から、
いつも通りまとまりのない話をダラダラと(笑)

我慢が台風の中、綱渡りしてる心境です。。。


手に持ったグラスの中のビールが、ゆっくりと温まり、そのポテンシャルを失いだした頃、
俺の理性もあるのか、ないのかわからない状態に(笑)


一樹の言葉を遮り、思わず『乾杯!』と叫んだのは、世の常です...


そんなこんなで、やっと開会です(笑)


080709_04.jpg

080709_05.jpg


間もなく、萩原が退場(笑)

オレらみたいなモンより、生まれたてのガキんちょの方がいいに決まってます(笑)


ビールの後は、持ち込んだワインです。
※ 俺は忘れました(笑)


一樹がベリーA、たかちゃんと大三っちゃんと風間が甲州を持ってきました。


どれも美味いっすよ!

皆さんも飲んだ方がいいです!


何せ、アサンブラージュはレベルが高いから!


最初に並んでいた料理に、刺身や茶碗蒸しなど食べきれない程、後から出てくる料理に圧倒されまくり!

食い切れねぇよ!...タッパー持っていけばよかった...(笑)


散々、飲んで食べた後は1階のラウンジに、場所を変えたんだけど大三っちゃんが体調不良で、
早々にリタイヤ...無理しちゃダメだって!(笑)


しかし、久々のカラオケだったなぁ~

やっぱり、歌うのって楽しいなぁ(笑)


今度は、アサンブラージュを囲むカラオケの会を企画してみるか...(笑)


そんなこんなで、アサンブラージュ納涼会の夜は更けていったのであ~る(笑)

PS...大三っちゃんを代行に乗せた時『この方は、かなり飲まれているんですか?
』って、言われたから『ちょっとヤバい薬を...』って言っといた(笑)

16:29 | イベント報告 | コメント [7] | トラックバック [0]

ecoスタイルマーケット&世界のワインフェア

7月19日、20日と福岡ヤフードームにて開催される「ecoスタイルマーケット&世界のワインフェア」に麻屋葡萄酒、蒼龍葡萄酒が出展し、試飲と即売を行います。

その他のアサンブラージュメンバーのワインのワインの試飲も可能です。
お近くの方はぜひ私共のブースへお立ち寄りください。

7/19(土) 10:00~18:00
7/20(土) 10:00~17:00
会場:福岡Yahoo! Japanドーム
入場料:前売り500円、当日700円

お問い合わせ:
福岡ソフトバンクホークス マーケティング株式会社 興行部
092-847-1533

http://www.softbankhawks.co.jp/stadium/event_schedule/200807.php

080718.jpg

09:42 | イベント告知 | コメント [0] | トラックバック [0]


sitemap | 当サイトに掲載の画像、文章などの無断転載・複製はお断りいたします