コメント

トラックバック

タグクラウド

rss このブログを購読する
Syndicate this site (XML)
Powered by
Movable Type 3.34

雨宮一樹 麻屋葡萄酒株式会社

01_01.jpg

雨宮一樹

1976年10月15日生まれ A型
東京農業大学出身。小さなワイナリーだからこそできる、葡萄栽培者の顔が見えるワイン造りに取り組む。飲みの後は丼もの!米大好きニッポン男児。

麻屋葡萄酒株式会社

〒409-1315 山梨県甲州市勝沼町等々力166
TEL:0553-44-1022 FAX:0553-44-1023
http://www.asaya-winery.jp/
FaceBook http://www.facebook.com/kazuki.amemiya11
FaceBookPage 麻屋葡萄酒株式会社

好きなワイン
蔵王スター赤 (武田ワイナリー)、深雪花赤 (岩の原ワイン)、ホンジョーオールド赤・白 (岩崎醸造)、甲陽酔仙特選赤1800ml、麻屋カベルネソーヴィニヨン2002、勝沼甲州シュールリー2002、麻屋甲州特別限定醸造2005“タンクNo1017” (以上麻屋葡萄酒)、Maboroshi Russian River Valley pinot noir 2004 (Tomohiro&Rebecca Kisaichi)

目指すワイン
ソウルフルなワイン。

ワイナリーについて
先代、雨宮高造が酒屋・等々力村麻屋支店より1921年(大正10年創業)に土屋龍憲をコンサルタントとして招聘し、葡萄酒製造会社の麻屋葡萄酒を設立。
当ワイナリーでは『小さなワイナリーだから出来る事』をコンセプトに葡萄栽培者の顔が見えるワインに取り組んでおります。

アクセス
麻屋葡萄酒株式会社(山梨県甲州市勝沼町等々力166)の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

20:37 | メンバー | コメント [5] | トラックバック [0]

コメント

雨宮一樹社長様

自分の検索を時々行っています。その中に雨宮社長のコメントが入っていましたので返信したのです。日本の赤は不味い!などと評したことが、本日2本の自慢作「赤ルージュ」お気に入りの「白シュールリー」が手元に届けられました。
「赤」呑んでみろ馬鹿いうじゃねーよ!と言わんばかりの社長の怒り顔が写し出されてます。
生意気のこと書きましてスミマセン。
それとご馳走様です。
                一史の親父の眞史です。

投稿者 藤巻眞史 : 2010.05.26

藤巻眞史先輩

コメント頂き、大変恐縮です。。。

日本が誇る赤ワイン醸造品種であるマスカットベリーAも

欧州系ワイン品種とは違う個性があり、かなり有効な品種とし

て捉えております。あまり濃くはないので意外とマグロのお刺

身なんかとも合うと思います。


今後も『一鞄萬象を容る』の精神で頑張ります。

宜しく御指導の程、御願い致します。


追伸:まだ社長でも何でもありません。一端の醸造責任者です。宜しくお願い致します。

投稿者 雨宮一 : 2010.05.28

本日NHKBSで放送されたワイン「酔仙」もの凄く興味が有ります。購入したいのですが、NET販売は可能でしょうか? できれば赤、白一升瓶ボトルを計2本お願いしたいのですが。 毎年日比谷公園の山梨ヌーボ祭り楽しみに参加しています。

投稿者 大谷 弘明 : 2010.12.10

県商工会連合会での「主張発表大会」において
貴君が最優秀賞(知事賞)を強豪に大差をつけての受賞との事、
おめでとうございます。
来月は関東大会、全国大会優勝に向けて頑張ってください。
あなたならやってしまうのでは?????

投稿者 藤巻眞史 : 2011.08.19

藤巻眞史先輩

御無沙汰しております。

御祝いの御言葉並びに激励頂き、感謝申し上げます。

御祝いの品もどしどしお待ちしております。(笑)

関東大会も楽しんで思いっきり主張してきます。

ワイナリー・畑では本年の仕込みも仕込み始まりいよいよ慌ただしくなってきておりますがそれはそれで頑張ります。

追伸・美味しいお豆腐いつも美味しく頂いております。豆腐料理には甲州シュールリーがおススメです。

今後とも宜しく御指導お願い致します。

有難うございます。

麻屋葡萄酒・雨宮一樹

投稿者 雨宮一樹 : 2011.08.24

コメントしてください




保存しますか?


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.elevage.jp/mt/mt-tb.cgi/5


sitemap | 当サイトに掲載の画像、文章などの無断転載・複製はお断りいたします